数年前から盛り上がってきているRaspberry Pi、いわゆラズパイですがとうとう手を出してみました。

 

【はじめに】

●ラズベリーパイに手を出した理由

【Raspberry Pi in HITBIT HB101】

我が家のRaspberry Pi一号機

↑これが一号機の姿。

●初期設定(Raspbian導入)

●ケースを作る(ハードウエア)

●RetroPie設定(ソフトウエア)エミュレータ設定・基本編

●Windows共有に入る(ソフトウエア)

●今後の為にバックアップ体制を整える。(dd_rescue導入)(ソフトウエア)バックアップツール

●NP2PI(Neco Project 2 RaspberryPi版)の組み込み(ソフトウエア)9801エミュレータ②

●NP2 0.86導入(ソフトウエア)9801エミュレータ②

●GPIOを使う①(ソフト・ハード) GPIO関係の開発環境作成(pigpio&c++です)

●クロックアップ

●(番外)ゲームCDの吸い出し方。

設定は地道に。。。MSXは気がつくまで苦労した

ROMイメージもISOを吸うのは楽ですが、cue+binは今どき、ねぇ(ImgBurnで解決)

 

2018/07/21 RaspberryPi3 B+ に交換しました。

 

 

【RaspberryPi vs MATLAB(Simulink)】

1)simulinkからRaspberry Piを使用する

2)Simulink経由でRaspberryPiの画面に描画・SPI経由でCAN通信

3)

 

 

 

 

【RaspberryPiZeroの場合。】

一号機の事前実験体に買いました。

が、Pi3にすればよかったと思ったり思わなかったり

でも同じものじゃ詰まんないかなって思ったんですよ。

 

※※※ラズパイ気が付いたこと※※※

●ラズパイのオーディオ能力(音質)

・拡張のDAなりを使えば別かもしれんが、少なくても本体では話にならない。

・時々これで音がいいとか言っているライターもいますが、耳悪いんじゃないの?または誰かから金もらってるの?ってレベル

・まぁでも、考えてみれば世の中mp3のあの高域のうねりのようなノイズを我慢できちゃうんだからどうでもいいか。って思ったり。

・かくいう私もあまり求めてないものにはそれでいいと思ってる。

・てゆか、所詮CDなんて22KHzで計算上振幅最悪3dB落ちでしょ。しかも量子化タイミングがずれると振幅方向にうねる。・・・これで高音がきれいとか言っている評論家先生の皆さんって、どういう耳しているんですかね?

・突然「ピュアオーディオは主観だから」とか「相対的な話をしている」とか言い始めるのかなぁ

・ただ、私も確かにそう思う。好きな機材を外見や偏ったこだわりで選んで満足感に浸るのも重要な要素。

・オチが無くてすみません。