また無駄取りです。

今までのカメラでアスティア100Fを使ったときのような感じを目指して調整してみました。

 

 
ちょっといろいろいじってみました。

確かに近づいた感じだと思いますが、どうでしょうね。

実際にはアスティアの場合、もう少しコントラストが浅いかもしれません。

 

 

 

露出も少し振ってみました。

 

 

 
・・・うわ・・・

使いにくいw

でも、こんな感じの変化をしますよね。。。

 

ここからいじるとベルビア方向に行きそうです

 

 

 

ほらっ。。。

なんとなくそっち方面にwww。。。

 

使いやすそうですけど!!

 

ここら辺で他のメンバーも。。。

 

 

 

 

 


Categories : 20_写真部

RSS feed for comments on this post

  1. Rui

    9月 17th, 2011 at 2:28 PM

    たしかにいつもの画質に近づけて見ることからでしょうね。
    わたしもそうやってきました。
    さらに時々フィルムも使ったりして・・・・

    そのうちにデジカメ本来の良さや限界・・・さらに自分のカメラの性格などもだんだん見えてきます。

  2. 麻緒

    9月 20th, 2011 at 10:02 PM

    はい。
    デジカメになってしまうと、フィルムと印画紙という規制が取っ払われて、特に色合いはいくらでも変えれてしまう上に、現実の物や印画紙と違って、見る絵は基本は発光体ですから、これが正解という色合いもとりにくい。

    こうなると、ある客観的な基準がないと、もう、自分でも何をやっているのか分からなくなってしまうので、細かい設定を作って、まずはある画像に似せることにしました。
    その上で、自分の知っている範囲で画像を作っていくことから始めれば、あまり変なことにはならないかなと思ってます。

    まだ奥深いところはよく分かんないですねぇ・・・。
    フィルムとは、似て非なる物、で、色合いに限界があり、そのかわり、その限界の中での自由度はむちゃくちゃ高い、というのが分かりましたが。。。

2 Responses