●Windows8.1

①「すべてのプログラム」を標準で表示させる

1)タスクバー上で右クリック>ツールバー>新規ツールバー

2)フォルダー欄に「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs選択」を入れて「フォルダを選択」。

(ProgramDataは隠しフォルダーです)

 

②AeroSnap無効

コントロールパネル>コンピュータの簡易操作センター>マウスを使いやすくします

「ウインドウが画面のはじに移動された時、自動的に整列しないようにします」にチェックを入れる

 

③cygwinでのバックアップ

1)cygwinにddrescueを入れる

インストール時に以下を導入

Utils/bzip2
Base/gawk
Base/tar
Web/wget

インストールしたらcygwinで以下実行

wget http://apt-cyg.googlecode.com/svn/trunk/apt-cyg
mv apt-cyg /usr/bin
chmod +x /usr/bin/apt-cyg

apt-cyg -m ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/cygwin/ update

apt-cyg install ddrescue

2)rootで起動

c:\cygwin\bin\bashを右クリック>管理者権限で実行

3)ドライブ名確確認

cat /proc/partitions

※普通のlinuxはfdisk -l

4)ddresucue起動

ddrescue -f -r1 -v /dev/sda /dev/sdd

※パラメータの種類は以下

  • -d :キャッシュをバイパスして、直接ディスクにアクセスする。
  • -f :出力先へ強制的に上書き。
  • -r1:リトライ回数の指定(r1なら1回)
  • -v:経過を詳細に表示。
  • -n:不良箇所の分割処理を行わない

 

5)おまけ:ddでのバックアップ

dd if=/dev/sda of=/dev/sdc bs=512 conv=noerror,sync

6)おまけ:ddで、データ消去

dd if=/dev/zero of=/dev/hda

 

・WindowsServer

①Dice設定

dice014[1]

※Diceはどうやら起動時に設定を読み込み、終了時に書き出しているよう。

よって、サービスアプリケーション(Linuxのデーモンのように、ログインして実行せずともOSが起動した時点で動作するアプリ)

として入れている場合は、サービスアプリケーションが終了するタイミングで上書きされてしまう。

sexe「http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20090915_315592.html」など使用時は注意。

 

②SSD化

160G以下のものにはインストールできない。

無理に動かす場合、160以上のHDDに一回インストールし、EaseUS Diskcopyなど、容量無視で動いてくれるソフトを使い、セクターレベルでコピーしたあと、WindowsPEやらtestdiskやらでパーティション情報を回復させる&Windows復旧能力に任せて復旧(笑)すると動くようになる。

何回もチェックディスクが動くが、がんばれwwww

 

WindowsPE CD作成法⇒http://pctrouble.lessismore.cc/software/winpe-tch_direct.html

パーティションテーブル復旧⇒http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/991testdisk.html

 

③アップデートは気を付けるべし

インストール後のアップデートだが、そのままだとMicrsoftForefrontがアップデートできていない。

アプリケーション含めてしつこく何回もアップデートと再起動を繰り返すべし。